2016年12月アーカイブ

みなさん、12月をどうお過ごしでしたでしょうか?

慌ただしい月ですが、鈴木モータースも12/27で仕事納めでした

今年もいろいろとお世話になりました。

年明けは、1/4と1/5に初売りセールを予定しており

良いスタートをできるように精一杯努めてまいりますので

皆さんよろしくお願い致します。

ちなみに、通常営業は1/6~となっております。

では良いお年をお迎えください

image[2].jpg

道の駅 「潮見坂」 で 「発明王、豊田佐吉翁生誕150年 佐吉御膳」なるものを発見

豊田佐吉といえば、豊田式自動織機の発明者にしてトヨタグループの開祖である。

トヨタと言えば三河というイメージですが、何故こんな所に名前が使われているのか

調べてみました。豊田佐吉の生まれが、遠江国敷知郡山口村(静岡県湖西市山口)

という事らしいです。

20161224-10257450-carview-003-1-view[1].jpg
名前からは想像しにくいのですが、中身はひつまぶし&うどんセットです(笑)
一日限定10食だそうですが、1800円なので有るかもしれませんね。

現在、豊田佐吉生誕150年のイベントを来年2月までやってますので
ドライブがてらお立ち寄りされたらいかがでしょうか?




yjimageLII43VWN.jpg
先日、全国でシートベルト着用率の調査結果が発表されました。

その結果、後部座席の着用率が低い事が判明したようです

一般道の後部座席は36.0% 前年比0.9%増ですが結構低い数字です。

着用が義務付けられている高速道路でも71.8%と、90%を超える運転席や助手席
と比べると着用率の差が目立ちます。

※後部座席に人を乗せる場合は、必ずシートベルトの着用を促して下さい

この調査の中で、もう一つ注目したいデータはチャイルドシートの着用率です

現在一歳未満の幼児は85.7%と高いのですが、1歳~4歳未満になると
急に下がり、66.8%となってしまいます。

5歳児となるとさらに下がり、39.1%となってしまい、他の年齢層と比較して
極端に低くなってしまいます。

子供が成長していくにつれ、シートベルトの着用を嫌がるようになります
親が着用させるのを面倒がるんでしょうけど、子供の命を守るのも
親の責任であることを忘れないでください。
2016年も残すところあと少しになってきましたね

jiko[1].jpg

師走に入りより一層慌ただしい年末ですが

一年間で最も交通事故の発生件数が多い危険な月
だという事をご存知でしょうか?

12月に交通事故が多い原因としては、降雪・路面の凍結によるスリップ事故
の増加や、年末帰省ラッシュにともなう交通量の増加などが挙げられます。

また、年末の慌ただしさからつい運転が荒くなってしまったり
普段あまり使わない道を走ったりする傾向が増加の原因ともいえるでしょう。

年末に車を運転する際は、こういった事故リスクの高さを認識したうえで
ハンドルを握るようにしましょう!

f87bfba7ad30487b733d48f551f4c7a8[1].jpg
この時期になりますと、昼間は凍結していない道路が夜間になると気温がさがり
凍結する事があります。

寒冷地では表示板が立っていたり、運転している車に外気温が
表示されるものがありますね

そんな情報を見逃さず運転に注意する事が大切です。

その外気温がマイナスを示していれば「路面が凍結しているかも」と注意する
かもしれませんが、外気温が2度でも路面は氷点下以下の場合がありますので

高架や橋の上などは、路面の下に風が吹いて下がりますので一層凍結しやすく
なるので、注意して運転しましょう!
みなさんこんにちは

日本車にはたくさんの形の車種がありますが
みなさんはどんな形が好みですか?

日本で売れているのは、やはり軽自動車なんでしょうね?
便利がいいですし、なにより経済的なところが評判が良い理由でしょうか

反面、最近セダンタイプの車もだいぶ減ったような気がします。

一昔前にハリアーみたいな通称SUVタイプの車が爆発的にヒットし
その名残もあってか、今でも割と好評いただいております。

そして、2017年の東京モーターショーにマツダより「CX-6」と呼ばれる
3列シート7人乗りSUVを出す事が明らかになったようです。
もう、形が発表されていて、マツダ車らしい形とちゃんとSUVしているところが
カッコイイと思いました。

おそらく売れると思います...(^^)

cx-9-1[1].jpg

どうでしょう?
おおよそこんな感じで発売されるのでしょうね。

実際に発売されるのが楽しみです。

12月に入り、すっかり世間は年末モードです

忘年会も数回行く事になるんでしょうね。

ひと昔ほどは飲酒運転は聞かなくなりましたが

良い機会だったので飲酒運転について調べてみました。

罰則

酒酔い運転 : 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 35点
酒気帯び  : 0.25mg以上 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 25点
        0.15~0.25mg 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 13点

・違反点数13点 : 免許停止90日
・違反点数25点 : 免許取消、欠格期間2年
・違反点数35点 : 免許取消、欠格期間3年


飲酒運転に対する罰則は、運転者本人への罰則と、お酒を提供した人、飲酒運転の車に乗っていた人、飲酒運転をする事を知っていながら車を提供した人で罰則が分かれております。

現在は、酒気帯び運転でもアルコール濃度が0.25mg以上の場合、過去に違反履歴が無くても一発で免許取り消しになりますのでご注意ください。

車両提供者 : 運転者が酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
        運転者が酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒類の提供者 : 運転者が酒酔い運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
         運転者が酒気帯び運転 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

このようにお酒に関わる全ての方が対象になっておりますので
それだけ飲酒運転の罪が重いという事ですね。

「飲んだら乗るな」 ただそれだけですので、皆さん気をつけましょう!
高齢者ドライバーの増加にともない
アクセルとブレーキを踏み間違いによる急発進する事故が
かなり多くなっていると聞きました。

現在新車で市販されている自動車には急発進しない機能が
標準で付いているが、数年前の自動車にはそのような機能が有りませんでした。

yjimage[4].jpg

そして、12/5よりオートバックスさんが「ペダルの見張り番」とゆう商品を
販売する記事を見たので紹介させていただきます。

停止時や徐行時にアクセルを強く踏んでも、電子的に制御が入り加速を
抑える仕組みなんだそうです。

また、アクセルとブレーキを両方踏んだ場合はブレーキを優先する
機能まで追加できるとゆう。

しかも無料の会員登録をすると、1年間の交通事故損害保険も
加入できる優れもの。

気になるお値段は39,999円(工賃込税抜)と
事故を起こした時の損害に比べれば安いもんですね。

対応車種が限定されてますので
購入前にご確認下さい。
  
鈴木モータースのサイトへ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31