2017年1月アーカイブ

yjimage[1].jpg
今更ハリアーの話題かと思われますが

年末にC-HRが発売されて、1月14日時点で約4.8万台の受注に達したそうです。

そんな中、陰ながら人気向上しているのが、ハリアーだという事

何故かというと、C-HRから30万足せばハリアーに手が届くからです(^^)

やはりそれだけハリアーはコストパフォーマンスが高いんですね。

それと、日本市場に合った設計なのがヒットしている理由でしょうね

まず、ボデーを日本向けに最適化
エンジンも全て4気筒で、ガソリンは2000ccハイブリッドでも2500cc
維持していくのにそれほどかさばりません。

2リットルクラスのSUVは、エクストレイル、CX-5、フォレスターなど

国内メーカーが車種を擁する激戦区のひとつですが、他メーカーがグローバルモデルとして
総合性能を追求しているのに対し、ハリアーは日本専用車として先進性と高級感に特化した
クルマづくりを行ってきたので、結果ライバルとは明らかに方向性が異なる
孤高の存在だそうです。
これが根強い支持につながっているのではないかと思います。
image[1].jpg
冬場になりますと、朝出勤するときフロントガラスが凍る事が良くあります

凍ったまま運転したことによる事故も発生しておりますので

みなさんくれぐれもご注意ください。

前が見えないまま運転することほど危険なことはありません。
フロントガラスが凍っていたら、確実に視界を確保してから出発するようにして下さい。
yjimage[2].jpg
yjimage[1].jpg
タクシーと言えば「コンフォート」や「クラウン」などを想像しますが

今年、タクシー専用に開発された車種が発売されるようです。

その名は、「JPNタクシー」

コンセプトは、みんなが乗りたくなる、そして笑顔になる。日本の街の風景を変え、
日本ならではの"おもてなしの心"から生まれた次世代タクシーだそうです。

環境負荷低減、超高齢化などの社会変化に対応した、「日本のタクシー」
を確立するそうです。

タクシーらしいなと思ったのは
LPG(液化石油ガス)ハイブリッドシステムを搭載

2015年の東京モーターショーでコンセプトカーとしては出展されていまして
限りなくそれに近いデザインで出てきたそうです。

全国のトヨタ店、トヨペット店にて販売予定
来年には日本の道路を走り出すのでしょうね。
みなさんこんにちは

yjimage[3].jpg

ニュースなどで見られたかもしれませんが

自動車や二輪車などに強制で加入される自賠責保険が値下がりするらしいです。

理由は事故件数や事故死者数の大幅な減少に伴うものらしい

普通、自家用乗用自動車24ヶ月の場合、4/1からの保険料は25830円と
現在の27840円から2010円程引き下げられます。

今年4月1日~5年間引き下げられるそうです。

少し助かりますね。

yjimage[8].jpg
寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

交通情報などで良く聞く「チェーン規制」とはいったい何なのでしょうか?

一般的にチェーン規制とは、積雪や降雪が激しく安全な走行ができないと
判断された場合や気温が低下し路面が凍結してしまう恐れがある場合に出されます。

規制には2種類あり
①チェーンまたはスタッドレスタイヤなどの滑り止め対策を求めるケース

②全車両チェーン装置装着規制ケース
が存在しますので、規制内容の情報を理解し、発動に従って対応する必要があります。

チェーン規制違反にも罰則があるらしいです


チェーン規制に従わないと引き返されます

それでも無視し続けると

警察官通行禁止制限違反により、点数2点、反則金なしという処分に
なってしまいますので、警察官の指示にはちゃんと従いましょう。
yjimage[4].jpg
みなさんこんにちは

国土交通省が大雪に対して緊急発表を出しました

1月15日頃にかけて大雪が継続し、猛吹雪となることがある見込み。

1月14日~15日にかけては、東海や近畿などでも局地的に大雪となるそうです。

国交省がわざわざ緊急発表をするくらいなので、相当な注意が必要なんですね

豊田市の山間部にお住まいの方は雪中の運転は慣れていらっしゃるかも知れませんが

市街地ではまだまだ慣れてない方がいらっしゃるので、無理に自動車での移動は

避けたほうが良いかもしれませんね。

みなさんくれぐれも気を付けて下さい。
30209f8acd5ce1e122c1ecb710a1f141_s[1].jpg
こんにちは

「運転下手」といわれないコツがあるそうです
何点かご紹介したいと思います。

車の運転にはいろんな操作がありますが
おおよそ「スピードの調節」に注意して運転することで
だいぶ印象が変わるそうです。

このスピード調節が上手にできるようになると
直接運転技術の向上にはならないかもしれませんが
運転が下手だと言われにくいでしょう。

スピード調節といえば、「アクセル・ブレーキ」ですよね

運転がヘタクソと言われにくい方は、共通して「一緒に乗っていて運転に関して
ストレスを感じない人」だそうです。

スピードを上げる時(加速時)
基本ゆっくり踏みましょう、そして走りたい速度になったら
アクセルをゆっくり戻しつつ速度を維持しましょう。

スピードを落とすとき(減速)
床にかかとをつけないようにして踏むのがポイントです
また、ブレーキングはシートポジションもとても重要なポイントの一つです
ペダルを踏んだ時、少し膝が曲がるくらいのシートポジションを心掛けて下さい。

いくらブレーキを優しく踏んでも、アクセルを戻すのが乱暴だとヘタクソに思われるので
注意しましょう。

ちょっとした事を注意するだけでずいぶん運転が上達したように
思えますので、みなさんも試してみてください。

みなさんこんにちは

年末年始をどうお過ごしでしたでしょうか?

各地、帰省された方やお出かけになられた方々
良い年末年始を過ごされたでしょうか?

やはり、人が移動すると「渋滞」は気になりますよね

今回は渋滞について少しお話したいと思います

渋滞の原因はいったい何なのか・・・

①上り坂
ゆるやかな坂道で、気付かないうちに坂道になっている場合
自然に速度が落ちているんですね。続いて後続車もブレーキをかけ
減速がさらなる減速を引き起こしているんです。

②インター合流
インターチェンジで合流しようとする車が、本線を走る車の速度を落とす
ことが原因だそうです。

③トンネル入り口
トンネルに入る時に暗いし狭いので、減速する車が多い事で
断続的に渋滞が発生する事が多いそうです。

④高速料金所
減速することで流れが停滞します。最近はETCの普及により
以前よりは渋滞はしません。

⑤事故/工事
事故や工事により車線が減少することで渋滞します

以上が主たる渋滞の原因です。

因みに、渋滞の最高記録は154kmだそうです
想像するだけでもうんざりしますね。

渋滞はあまり良いものでは無いですが、各個人の
少しの配慮でより少なくなるかもしれません

これからは少しでも渋滞を減らすように意識して
運転してみましょう!
yjimage[1].jpg
新年あけましておめでとうございます。

旧年中はご愛願頂き、皆さまに支えられて今年も迎える事ができました。

さらなる努力を致しまして皆さまにとって有益となる情報を配信し、

より多くの方に見ていただけるように精進してまいりたいと思います。


ご挨拶が遅くなり大変恐縮ですが

本年も当ブログをどうぞ宜しくお願いいたします。
  
鈴木モータースのサイトへ

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28