鈴木モータース本社の最近のブログ記事

こんにちは

最近ネットでよく見るネタですが

2022年で使えなくなる可能性のETC車載器があるらしいんです

2022年12月1日以降、一部の機種が使えなくなるらしいです
使用不可になるETC車載器は2007年(平成19年)以前に製造された
旧スプリアス認証を受け製造されたETC車載器です。

といってもピンとこない方がほとんどでしょう!

簡単な見分け方が載ってたのでご紹介しておきますね

20180914-10342277-carview-001-4-view.jpg

ETC車載器には必ず車載器番号というものがあり

その最初の番号が「1」であれば大丈夫です

「0」の場合、使えなくなります。

20180914-10342277-carview-002-4-view.jpg

もう一つの確認方法ですが
ETCのマークの下に「・・・」があります

また、ETC2.0の場合も図の通りです

最近はETC利用者も増えて、スムーズなゲート通過がされてると思いがちですが

先日、プライベートで沖縄へ行って思いましたが

沖縄本土にお住まいの自家用車は殆どETC車載器が着いていないそうです

だから、週末になると手払いレーンが大混雑すると現地の方が言われてました。

そんな時のETCなのに...と思ってしまいました。

それほど気にしてないんでしょうね(笑)

こんにちわ!鈴木モータースです!
ブログを閲覧していただきありがとうございます。

つい先日レクサスより量産型としては世界初である「サイドミラーレス」の車の発売が発表されました。
車名はレクサス ESです。
簡単に言うとサイドミラーから見える後方が、サイドミラー部分に
内蔵されたカメラにより、運転席近くに装着されたモニターで確認を取ることが出来る仕様です。
これにより運転中の目線移動量が減少し、
ドライバーの負担が軽減することが出来るそうです。
レクサスES3.jpg

レクサスES1.jpgのサムネール画像

また雨天時や夜間での走行についても視界を確保できる仕様になっているそうです。

ミラーの姿が変わる点でも好みが分かれそうですが、私個人の見解としては、スマートな感じに好感を持ちました。
ぜひ乗ってみたいです!

昨今さまざまな安全装備や便利な機能が増えており、
ドライバーの負担もかなり減少して快適に運転ができるようになっています。
ですが残念ながら、交通事故数自体も増え続けております。

サイドミラーは車から無くなっても、私たちは安全確認を無くさないように
自動車を運転しなければなりませんね。

安全.jpgのサムネール画像




最近めっきり涼しくなってきましたね

つい先日までの猛暑日(酷暑日)はどこへいったんでしょうか?

台風の被害も大きかったようですし
まだ停電が続いている地域もあるとか聞きました

本来、四季があるのが日本ですが
ここ近年、四季が感じられなくなってきていますね

寂しい限りです

今朝も稚内で氷点下とのニュースも聞きましたし
どーなってるんでしょうね

急な気温の変化に
体長管理に気をつけたい所ですね。
いつまでも暑い日が続きますね

お盆明けはたいがい涼しくて、過ごしやすくなっている予定だったのですが

名古屋では猛暑日記録が更新されている毎日です。

時事ネタにはなりますが
トヨタ自動車がアメリカのウーバー・テクノロジーズとの提携拡大を発表しましたね
日本円で550億円の出資と、見当もつかない金額のやりとりがなされております。

そこまで出資する価値が双方にあるんでしょうね

もともとウーバーは自動運転技術を活用したライドシェアサービスを開発していて
市場で利用できるように実現に向けライドシェア車を開発中だそうです。

そこに大手トヨタ自動車が自動車開発を援助する事になったんでしょうね。th.jpg

久々に書きます

台風が幾度と来ますね

ご自宅のまわりは大丈夫でしょうか?

鈴木モータースの周辺では、11日に雷により停電して
警察署前の信号が止まってましたよ

すぐにお巡りさんが交通整理をしていましたが
土砂降りの中たまったもんじゃないですね...

毎年毎年、今年は~ とか言われてますが

もう何が起こるかわからないんですよ きっと

何が起きても対応できる準備をしないといけませんね!
  
鈴木モータースのサイトへ

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30